沖縄県島尻郡南風原町 南風原町観光協会 公式サイト 沖縄県島尻郡南風原町 南風原町観光協会 公式サイト メールでのお問い合わせ

金城哲夫について

金城哲夫は南風原町出身の脚本家・作家です。ウルトラマンシリーズの企画や脚本で有名です。沖縄芝居の脚本、テレビ・ラジオの司会、沖縄国際海洋博覧会セレモニーの企画・演出などでも活躍しました。

南風原町で育ち、東京で番組制作に関わる。

幼少時~高校・大学時代。

1938年生まれ。生地は東京ですが、生後すぐ親とともに帰郷して、沖縄県の南風原町で子供時代を過ごします。6歳のときに沖縄戦を体験しました。
中学卒業後に上京し、高校・大学は玉川学園で学びます。高校生の時に「日金友好協会」なる金星の研究をするSFクラブを結成しました。「玉川学園沖縄慰問隊」を友人たちと組織して総勢17名の高校生でアメリカ統治時代の沖縄を訪問したこともあります。この当時からリーダーシップと行動力を発揮していました。

円谷英二との出会い。映画「吉屋チルー物語」の制作。

大学3年生のころ「特撮の神様」と呼ばれた円谷英二との出会いがあり、円谷氏の主催する研究所に参加しました。1961年ごろからテレビ番組の脚本づくり・企画づくりに関わり始めました。
その後一時的に沖縄に戻り、沖縄の役者を使った映画「吉屋チルー物語」を自主制作し、1963年に完成させます。
1963年4月、設立されたばかりの円谷プロに入社しました。



ウルトラシリーズが大ヒット。

ウルトラシリーズの企画をまとめ上げる。

円谷プロの企画文芸室長になった金城は、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」などの番組で、さまざまなスタッフの意見・アイデアを取り入れながらも、企画書のほとんどをまとめあげました。
番組全体のテーマ、物語の方向性、ウルトラマン・怪獣・登場人物の設定など、金城が創りあげた路線にしたがってウルトラシリーズが制作されました。 円谷英二の「ヒーローを宇宙人にしたい」という意見をはじめ、「もっと怪獣を増やしたら」「こんな宇宙人を出してみたい」といった様々なスタッフの意見を活かしながら、金城は次々と夢のあふれる物語を仕上げていきました。

 

監督・脚本家・デザイナーなどのまとめ役に。

ウルトラシリーズの制作開始にあたって、円谷英二やテレビ局のプロデューサーから、番組制作全体のリーダーになることを指示されました。
番組には多くの監督・脚本家が参加していましたが、各話を担当する監督や脚本家に対して、ウルトラシリーズのコンセプトを伝えて制作を依頼するのが金城の仕事でした。
また監督・脚本家などからの意見やアイデアについて、OKを出すか修正を指示するか、制作現場での重要な決定を金城がおこないました。
毎回登場する怪獣について、デザイン担当者へ発注するのも金城の役目。監督や脚本家のアイデアを伝えて、怪獣デザインをデザイナーと一緒になって考えました。

魅力あふれる脚本を数多く書き上げました。

たくさんのスタッフと打ち合わせして指示を出す忙しい日々の中で、金城自身も多くの脚本を書き上げました。
「地球をあなたにあげます」と言わせようとするメフィラス星人と、それを拒否するサトル少年の会話劇が印象的な「禁じられた言葉」(ウルトラマン 第33話)。
今の人類が、じつは過去に先住民を追い出して地球を征服した侵略者だったのかもしれないというスケールの大きなSFドラマである「ノンマルトの使者」(ウルトラセブン 第42話)。
そのほかにも、名作と呼ばれ現在でも人気の高い脚本の多くを金城が手がけています。
金城たちの作品は「怪獣ブーム」「ウルトラブーム」と呼ばれる社会現象をまき起こしました。シリーズ放映時間には、テレビを見るため銭湯から子供たちの姿が消えるとまで言われました。
初期ウルトラシリーズの監督の一人であった実相寺昭雄氏は、沖縄出身の金城が番組制作の中心的役割を果たしたことを讃えて「ウルトラマン。本籍地、沖縄。やはり、私は、こう記入したい」という言葉をエッセイ集の中に残しています。



沖縄へ帰郷。沖縄芝居やテレビ・ラジオなどで活躍

沖縄へ帰郷。

「ウルトラセブン」の終了後、円谷プロでは「マイティジャック」「怪奇大作戦」など番組の視聴率低下、さらに経営の悪化という問題が起きました。
1967年、大城立裕氏が「カクテル・パーティー」で芥川賞を受賞したことに感化された金城は、沖縄を題材にした小説を書きたいという思いがつのるようになりました。さらに「本土復帰を沖縄の地で迎えたい」という願いもあって、1969年に円谷プロを退社しました。

 

沖縄芝居やラジオドラマでの活躍。

沖縄に帰郷したあとは、ふるさとの文化や歴史を猛勉強しました。沖縄芝居の劇団の座付作者になり、脚本執筆にはげみました。
琉球王朝を築いた若き尚巴志を描いた「佐敷の暴れん坊」、琉球処分を題材にした「風雲! 琉球処分前夜」など、多くの脚本やラジオドラマを意欲的に執筆しました。本土の演劇要素を取り入れた新しいスタイルの沖縄芝居として役者たちにも影響を与えました。

テレビ・ラジオの司会者にも。

沖縄での活動をはじめた金城は、テレビ・ラジオの仕事も頼まれるようになりました。RBCラジオの「トヨタモーニングパトロール」のキャスターをつとめ、たちまち人気者になりました。さらに、数多くのテレビ番組の司会もつとめました。

沖縄国際海洋博覧会のセレモニーに関わる。

1975~1976年に開催された沖縄国際海洋博覧会のセレモニーの企画・演出も担当しました。金城が考えた演出は、世界七つの海から汲んできた海水を博覧会会場に設置された一つの入れ物に注ぐという内容でした。
沖縄から世界へ発信する海洋博覧会セレモニーの舞台で、人類は海で一つにつながっているというメッセージを打ち出しました。

 

希望に向かって燃焼し続けた金城哲夫。

平和を願って沖縄国際海洋博覧会の演出に熱を入れるなどして、金城は沖縄で腰を据えた仕事をしようと奮闘していました。
「沖縄を題材にした物語を書きたい」という希望は強く、構想をノートにつづっていましたが、過度の飲酒で体調に影響をきたし、葛藤と悩みが激しくなっていきました。しかし、体調悪化の最中も、金城は執筆の手をゆるめず、書き続けていました。
1976年2月23日、酔った状態で2階の書斎へ窓から入ろうとして転落し、3日後の26日に脳挫傷のため37歳でこの世を去りました。
金城哲夫は、誰も思いつかないような斬新な発想、豊かなSF的素養、人情やユーモアを取り入れた物語で、日本中の人々の心をつかむ作品を数多く残した人でした。