南風原町観光協会(沖縄県島尻郡南風原町)

おきなわ はえばる観光ガイド
 
 

【南風原町文化協会】南風原総合文化祭

 
 
 
文化協会会員の日頃の活動の成果を一堂に集めた「第9回南風原総合文化祭 躍動・創造~未来へつなぐ文化の祭典~」が南風原町立中央公民館と文化センターにて開催されます。
 
 
 
 

続きを読む...

「ありんくりん」2013年10月号(Vol.02)発行しました。

  「北丘小学校キャリア学習会」「名桜大学学生への戦跡案内」「かすりの道モニターツアー」をはじめ、9月のニュースを中心にお送りしています。
画像をクリックしてお読みください。

 

Beaury’s(ビュウリーズ)の紹介

食用ヘチマの生産量日本一の南風原町では、おいしい町産ヘチマを「はえばる美瓜(ビュウリー)」と名づけて販売しています。その「はえばる美瓜」を宣伝するキッズダンサーチームが「Beaury’s(ビュウリーズ)」です。
南風原町内の小学生によって結成され、プロダンサーMIYA先生の指導のもと練習に励んでいます。

2013年4月には南風原町から「へちま大使」に任命され、町内外のイベントでPR活動をしています。すでにさまざまな新聞・テレビで取材を受けています。これからも応援よろしくね!


 
 

【シネマ沖縄】徐葆光が見た琉球~冊封と琉球~

桜坂劇場で10月5日(土)より上映される映画のご案内です。中国皇帝が新しい琉球国王を任命するため派遣した冊封使・徐葆光(じょ・ほうこう)が、琉球を訪れた1719年は、琉球も中国も日本も安定した時代に入っていた。平和と安定からは、文化が花開く。
徐葆光が訪れた未知の国「琉球」は、中国皇帝の徳を讃える儀礼の邦であった。滞在する約8か月の間に繰り広げられる歓待の宴の中には、現代の沖縄の料理や伝統芸能の基礎となるものが数多く芽生えていた。
それらに感嘆した徐葆光は、琉球のすべてを描き写そうと、細部に至る記録書と漢詩集を書き綴っていった。そこには心と心で結ばれた交流と、華やかな琉球王朝の姿があった。

続きを読む...

吉左衛門X ペアチケットプレゼント

「あげずば織」をご存知でしょうか?南風原町の染織作家 上原美智子さんが1989年に生み出した技法で通常の織り糸の太さから30分の1以下まで細くした糸で繊細に、かつ丁寧に織られています。その織りあげられた布は「あげずば=とんぼの羽」の名前の通り、透けるほど薄く、それなのに丈夫。天女の羽衣と見間違えるほどの魅力あふれる織物です。
 
そして上原美智子さんもコラボする第5回「吉左衛門X」が9月21日より滋賀県の佐川美術館にて行われます。
”多くの人に見てほしい”という願いからペアチケットを抽選で1名様にプレゼントします。
新しいものづくりに挑んだ樂吉左衛門・上原美智子・土田半四朗のインスピレーションから生み出された美しき創造の世界をお楽しみください。
 

続きを読む...

30年ぶり!組踊「本部大主」

1983年の組踊「本部大主」の復活上演から早30年。眠ったままになっていた組踊りの再演を望む声が多くの区民からあり、それに応えるべく今年の上演が決まりました。今年の3月から練習に取り組み、9月21日の上演が近づいてきた今、その仕上げに余念がありません。指導には国指定組踊保持者の金城清一先生と砂川美鈴さんが熱心に取り組んでいます。組踊「本部大主」は南風原町立中央公民館にて上演、入場無料となっておりますので皆様お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。

続きを読む...

『南風原町ふるさと名人』を募集!!

日常生活に密着した趣味や娯楽などの分野で、得意な才能を持った隠れた名人を募集します。
自薦、他薦を問わず推薦のあった人を選考のうえ『南風原町ふるさと名人』に認定します。
体験学習の子供たちや修学旅行生にたいする講師となって、それぞれの技術やノウハウをご教授ください。


【例】 「昔あそび名人」「小物づくり名人」

写真はイメージです。


ご推薦ください! あなたの身近にいる『ふるさと名人』!

資格条件
  • 日常生活をするうえで役に立つ技能や才能を持った人
  • そのことを職業にしていない人
  • 南風原町に在住もしくは勤務している人
  • 本人若しくは他人から推薦がある人
  • 技術やノウハウを子供たちの体験学習や修学旅行生に講師が出来る人
応募方法
本人若しくは本人以外の人から推薦によることとし、「南風原町ふるさと名人推薦用紙」に記入 して、南風原町観光協会に応募してください。
応募先・
お問い合わせ
南風原町字本部158番地   一般社団法人 南風原町観光協会
TEL:098-851-7273 FAX:098-851-7109
選考及び
認定方法
応募された『南風原町ふるさと名人』応募者については、観光協会南風原町ふるさと名人選定委員会で選考のうえ、理事会で認定をする。
認定者の
紹介方法
  • 認定された『南風原町ふるさと名人』は、観光協会ホームページや広報紙で広く紹介をする。
  • 認定者のうち、その技能や才能が町内住民に継承できるものであれば、講習会などを通じて、その技能や才能を伝承する。

 

feed-image RSS2.0
pagetop