Beaury'sオーディション2015 募集スタート

南風原町のアイドルダンスキッズ『Beaury’s』。平成24年11月のデビューをきっかけに、町内のイベントはもちろん、ラジオやテレビにも出演し町内外で活躍しています。
平成25年4月には南風原町から「ヘチマ大使」として任命され、南風原町産ヘチマ「はえばる美瓜」のPRにも励んでいます。

そんな幅広い活躍を見せる、Beaury'sのオーディションの募集が平成27年2月9日(月)から、いよいよスタートします。

ダンス経験は問いません。明るく、元気なキッズを募集しています。一緒に南風原町を盛り上げてくれる、やる気あふれるご応募、お待ちしております!!

続きを読む...

2月南風原シマじま巡り開催のお知らせ

周囲を6市町村に囲まれ、沖縄唯一海のない南風原町。それゆえ古くから交通の要衝として発展してきました。

12ある字(あざ)には、それぞれの歴史や文化が色濃く残っています。
琉球かすりの制作が盛んに行なわれている「本部」「喜屋武」「照屋」、ライト兄弟より100年早く飛行に成功したといわれる飛び安里の地「津嘉山」。浦島伝説が伝わる「与那覇」など、そのほか町民でも知らないようなディープな見どころがたくさんあります。

コーディネーターガイドと共に各字を巡り、新しい発見を探しに行きませんか?

※クリックでPDFが開きます

 
 
 

かすりの道お茶会・書初め会 開催のお知らせ

平成27年2月1日(日)、南風原町字本部にある古民家謝名家にて「お茶会・書初め会」を開催します。

年が明け、かすりの道初めのイベントとなる今回の『お茶会・書初め会』。今まで開催してきたお茶会では参加者の方から「普段できない体験ができて良かった」とご好評の声をいただいております。町特産品である「琉球かすり」の模様をあしらった壁画が特徴のかすりロード内にたたずむ謝名門中で、お茶・書初めを楽しんでみませんか?

お茶は初めてという方でも、講師に表千家同門会沖縄県支部の古我知 政子氏を招き丁寧にお教えいたしますので、お気軽にご参加ください。

南風原町の3つの字(あざ)を結ぶかすりの道を巡る「かすりロード散策」も同時開催します。

続きを読む...

「ありんくりん」2015年1月号(Vol.17)発行しました。

 

2015年最初の発行となる今号では、南風原町観光協会会長による新年のご挨拶や2月開催予定のイベント情報、12月のニュースなどをお送りしています。 画像をクリックしてお読みください。

 

 

金城哲夫展のお知らせ

平成27年2月21日、南風原町立中央公民館2階にて、南風原町の偉人「金城哲夫展」が開催されます。
南風原町字津嘉山に生家をもつ金城哲夫氏(1938年~1976年)。ウルトラマンの生みの親の一人であり、脚本家・監督・ラジオパーソナリティーなど、その活躍は多岐にわたりました。

南風原町では金城哲夫氏の生誕75周年を記念し、昨年は「金城哲夫生誕75周年祭」を実施しました。今年は、昨年行った「金城哲夫生誕75周年祭」で展示に引き続き、「金城哲夫展」を開催します。不慮の事故に遭遇し、37歳という若さでこの世を去った金城哲夫氏。彼は何を想い、何を伝えたかったのでしょうか。生前の写真、略歴、作品、様々な角度から見えてくる『金城哲夫』とは・・・。

 

続きを読む...

飛び安里凧上げ大会2015、450名来場!

 

平成27年1月11日(日)に南風原町黄金森陸上競技場で開催された「第20回 新春飛び安里凧上げ大会」。当日は天気にも恵まれ、町内外から約450名の方が参加し、南風原の空へ凧を躍らせました。

続きを読む...

1月南風原シマじま巡り開催のお知らせ

周囲を6市町村に囲まれ、沖縄唯一海のない南風原町。それゆえ古くから交通の要衝として発展してきました。

12ある字(あざ)には、それぞれの歴史や文化が色濃く残っています。
琉球かすりの制作が盛んに行なわれている「本部」「喜屋武」「照屋」、ライト兄弟より100年早く飛行に成功したといわれる飛び安里の地「津嘉山」。浦島伝説が伝わる「与那覇」など、そのほか町民でも知らないようなディープな見どころがたくさんあります。

コーディネーターガイドと共に各字を巡り、新しい発見を探しに行きませんか?

続きを読む...