沖縄の家庭料理講習会に多くの方が参加

 
 
 
 
平成26年2月27日(木)、南風原町立中央公民館調理室にて沖縄の家庭料理講習会が開催され、17名の男女の方にご参加いただきました。
 
 
 
 
  
 
民泊推進事業の一環で行われた今回の講習会では美花城(みーはなぐすく)ファームの大城清子さんを講師に招き、南風原特産品を活かした「ヘチマのミネストローネ」や「カボッチャキン」、「フレンチトーストのチーズ巻き」の作り方を教えていただきました。
 
参加者同士初対面ということもあり最初はぎこちない部分も見られたものの、料理作りや会話を通してだんだん自然に笑顔が増えているようでした。
「ミネストローネが簡単に作れて驚いた」「フレンチトーストにチーズを巻き込むととても美味しかった」など料理を楽しむ一方、「民泊を行っている方から、いろいろな話を聞くことができて興味がわいた」と民泊についての理解を深める場ともなりました。
 
民泊に関する講習会では料理の他にも島ぞうり彫り講習会や折り紙などを使ったクラフト講習会など、様々なものを行っています。今後はハーブ収穫体験や紙すき体験を予定しています。
今回ご参加・ご協力くださった皆様、ありがとうございました。