民泊講習会にて救命講習を実施

 
 
 
去る平成26年11月22日(土)に、民泊啓発促進事業の一環として東部消防本部(字与那覇)にて、救命講習会が開催されました。
民泊登録家庭及び一般町民にも呼びかけを行い、計13名の受講者が集まりました。
 


 
 
 
講習会では、DVDで救急車が到着するまでの措置がどれほど大切なのかの重要性を学び、心肺蘇生法、AEDの使用方法、気道に物が詰まった時の救助法などを実践しました。初めての受講者が多く、最初はたどたどしい様子でしたが、回数を重ねていくごとに自信がつき、堂々と行なう姿が見られました。今回、親子で参加された與那嶺さん一家。現在、小学4年生の優奈さんは東部消防救命講習会参加修了者の最年少記録となりました。
 
 
南風原町では訪れる観光客が安心・安全・快適に過ごされれるためのサービスの一環として”町民の誰もが救命救急をすぐ行える”をめざし、どなたでも、何度でも受講することを呼びかけています。今後も救命講習会の際は当ホームページ・チラシ・SNSで告知していきますのでよろしくお願いいたします。