民泊登録民家さんが「かすりの道勉強会町巡り(まちまーい)」しました

 去る2月6日(土)に、民泊登録民家さんを対象に、町内のみならず県内でも特色ある「かすりの道勉強会町巡り(まちまーい)」を開催しました。
 町内字本部区、照屋区、喜屋武区は、かすり織で有名な地域です。3地域を石畳で繋ぐ約2Kmを「かすりの道」として、かすり織事業に関わる民家、工房、事業所等が集まり、散策していると絣事業や古い沖縄の民俗を学ぶことができます。

本部区と照屋区の石獅子について学び、ムラシーサーとしての役割を知り、イジュンガー公園では昔の様子を聞き、染用の木々が植わっているのを学びました。

大城廣四朗織物工房と丸正織物工房では実際に機織りの現場を見せて頂き、織りについてのたくさんの説明をいただきました。

国内でも二人しかいない、手機制作の選定保存技術保持者、大城義政さんの大城織機製作所を訪ねたり、町内唯一になってしまった湯のし屋を訪ね、レトロな機械で反物の皺伸ばし中の様子を見せて頂きました。

歩きながら時折聞こえてくるシャーラ・トントン・・・の機織りの音に風情を感じながら、多くを学んだ参加者でした。
※南風原町観光協会では、40名までの修学旅行の民泊を歓迎します。
 

ウルトラマンプレシャスステージ2 前日祭

ウルトラマンプレシャスステージツアー28公演目にして初の前日祭が南風原町で行われます。ウルトラ作品に深く関わってきた森次晃嗣さん、桜井浩子さんにウルトラファンの作家・小森陽一さんを迎えた楽しいウルトラトークや初期ウルトラ作品の構築に多大なる影響を与えた脚本家・金城哲夫氏の懐かしいエピソードも。また多くのウルトラ主題歌を歌った前田達也さんのミニライブなど、大人も子供も楽しめるウルトラファンには見逃せないステージを開催いたします。

平成2835日(土)1500~(開場1430) 

南風原町立中央公民館 全席自由席 2,500円 

 

          ↑クリックで大きく見れます。

 

前日際チケットご購入のお客様限定!

ウルトラステッカー&

       ウルトラペーパーバイザー プレゼント!!

 

  

ウルトラペーパーバイザー   ウルトラシール    前日祭チケット

 

 

同時開催の無料イベント

 

「金城哲夫展~金城哲夫の世界~」も中央公民館2

 

階で、3月5日(土)6日(日)に開催いたします。

 

併せてお楽しみください。

 

 

 
 

南風原町綱曳きツアーを開催しました。

 今年も南風原町内では旧暦の6月25日、26日に各字にて多くの区民が集まり、盛大に綱曳きが行われました。
 昨年同様、南風原町観光協会では、津嘉山→食事→兼城or照屋→喜屋武のコースをガイドと共にバスで巡る「南風原町綱曳きツアー」を開催ました。
 町内外から老若男女の参加者が16名あり、地域の伝統綱曳きにとても感動しておりました。

 

 地域の方にも浸透しつつあり、昨年以上のおもてなしをしていただき、綱曳きの体験も行わせて行いました。
 ご協力、ご参加していただいた皆さま、本当にありがとうございました。
 南風原町はかつて、純農村であったことから、主に”綱を引くことで豊作を引き寄せる”という農作物の豊穣や厄払いなどの意味を込めて、東(あがり)と西(いり)に分かれ綱曳きを行います。
 各字によって行われる時間が多少異なるため、それを利用して町内のいくつかの字をガイドと共にバスで巡ります。「綱曳きツアー」では実際に綱曳きを体感し、地域の方々と触れ合うことで、より深い南風原町の魅力を感じることが出来る伝統行事体験型ツアーです。
 次年度も旧暦の6月26日(新暦の7月29日【金】)に開催致しますので、今年参加出来なかった皆さんは、ぜひ来年ご参加されることをお待ちしております。

 

 

 

第4回キッズパーク5500人超えで大盛況!!

第4回はえばる夏まつりキッズパーク、今年も7月20日(海の日)に開催しました。キッズパークは年を追うごとに盛り上がりを見せ、今年は朝10時の入場を待つ間にもぞくぞくと子供達が集まってきて、最終的には5500人余りものちびっ子たちが、南風原町内外から参加してくれました。

今年は徳島の半田素麺を使った「流しそうめん」をレストランしぐれさんの御協力で観光案内所横で行いました。

毎年大好評の「お仕事体験」は、今年は受付時間を区切ってスムーズに参加者を誘導できました。

一番混雑して賑わっていたのは受付だったかもしれません。お目当ての体験は受付中かな?

キッズパークにご参加頂きましたちびっこ達。また、キッズパークを盛り上げてくださった多くのボランティアの皆様、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

 

民泊したよ!(2015・6・10)

6月3日(水)~5日(金)第1班と6月10日(水)~12日(金)第3班を2泊3日で2週にわたり、埼玉県の高校生の民泊を南風原町でも受け入れしました。それぞれの家庭で、いろいろな体験をしました。


沖縄の食材が良くわかるファーマーズマーケットを見学しました。 
旬の梅を購入し、早速梅酢作り体験をしました。
  


地元の黒糖工場を見学し、できたてのホカホカあったかさを感じる黒糖をたくさん試食させてもらい、お土産に何点か買いました。とても美味しかったです。
  


激戦地だった南風原町。この伝統的なたたずまいの家も、戦火をくぐりぬけられたのは石畳だけ。思わず手で触れてみました。チャーギーという木をまるごと柱にした雨端(あまはじ)。白蟻に強い木である説明に、手で触れ風雨に耐えた年月を感じることができました。
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

✿南風原町観光協会では、40名までの民泊が引き受けられます。✿
 

夏野菜の季節到来!ビュウリーズもパワー全開!


   

 梅雨も明け、いよいよ夏野菜のシーズン到来です。ヘチマ大使のビュウリーズは、6月に行われた2つの ヘチマイベントに出演しました。
ビュウリーズにとってヘチマイベントは、ダンスの他にヘチマの無料配布などのお手伝いや商品PRを通じて、ヘチマの知識を深めることができる貴重な体験でした。また今回は3期生のゆりがオリジナル曲の「ビュウリーズワールド」部分デビューを果たし、これから夏に向かって本格的にビュウリーズの一員として活躍してくれることでしょう。
 夏はいろいろなお祭りやイベントに出演するビュウリーズ。どこかで見かけたら、応援よろしくお願いします!

 

 

アレルギー等についての民泊講習会と料理講習会

民泊登録家庭を対象に民泊受け入れ事業6年の実績を持つ琉球舞踊館うどいの平良佳孝社長、感動あるお別れになる民泊にするためには、というテーマと、受け入れ民家が最も気になるアレルギーについての情報と心付けと対応について、講話していただきました。

 

続きを読む...